とても危険なキイロスズメバチの駆除|巣を見つけたら業者へ即効連絡

女の人

害虫の巣を除去する方法

ハチの巣ができると日常生活が脅かされて不安です。自分で退治する時は白い帽子や服を着用します。ハチは黒い色に攻撃的になるからです。水鉄砲を使うと安全に駆除できます。スズメバチなど危険な巣は業者に依頼します。評価の高い業者は事前に現地調査をして見積もりを出します。アフターフォローのある業者を選びます。

ハチの危険を排除する

蜂

刺されないためには

キイロスズメバチは、とても危険なハチです。人間や動物が一定の距離以上巣に近づくと、すぐさま威嚇や攻撃の行動に出ます。巣があることに気が付かずにたまたま巣の傍を通りかかっただけでも刺されてしまう恐れがありますので、注意しなくてはなりません。また、キイロスズメバチは、空き缶の底に残っているジュースの飲み残しや生魚などにも近寄ってきます。香水の甘い匂いにも寄ってきますので、女性の場合は特に気をつけるようにした方がよいです。キイロスズメバチに刺されないようにするためには、とにかく巣に近づかないようにすることが一番です。キイロスズメバチの活動が活発になる夏場には、ほんの数日で巣が巨大化してしまいますので、巣を見つけた時はすぐに駆除業者を呼ぶようにした方がよいです。

ハチを退治してくれます

ハチの駆除業者は、夜間に駆除作業をするケースが多いです。春から初夏にかけてのまだハチがそれほど活発化していない時期には昼間に駆除作業を行うこともありますが、夏から秋にかけての時期は夜暗くなってから駆除作業を行うのが原則になっています。なぜかというと、夜はハチが比較的おとなしくなっていることと、昼間出払っていたハチが巣に戻ってきているという理由があるからです。昼間に駆除を行うと、ハチの激しい攻撃を受けることになります。夜間の駆除でも全く攻撃を受けないというわけにはいきませんが、昼間に比べればまだマシです。また、ほとんどのハチが巣に戻ってきていますので、その巣を拠点にして活動しているハチを一網打尽にすることができます。依頼者は、作業が全て済むまで安全な場所に避難していることができます。危険な作業を全て任せてしまうことができるため、ハチの駆除業者に高い人気が集まっています。

虫

殺虫剤に強い南京虫

現在では、殺虫剤に耐性のある南京虫が繁殖するようになっています。そのため専門業者は、スチームクリーナーや熱風乾燥機を使って南京虫駆除をおこなっています。南京虫は、過度な加熱や乾燥によって死ぬからです。しかもこれらによる南京虫駆除では、死骸が吸引されたり吹き飛ばされたりするため、現場には残りません。

ハクビシン

見た目に騙されない

たくさんの病原菌を持っているハクビシンが住み着くと、色んな被害を受けることになるでしょう。そのため、もし見かけた際には速やかにハクビシン駆除を行なってください。見た目は、可愛らしいですが、油断禁物です。